インプラントの治療情報

インプラントより入れ歯を選ぶ

歯が抜けてしまったら、入れ歯をして治療をするのが一般的です。しかし、最近では、インプラントを使って治療をするように勧める歯科医院もあります。インプラントは、噛む力が強いので食べるのに不自由せず、ふいに外れることもほとんどありません。こうしたメリットのあるインプラントですが、デメリットもあります。特に入れ歯に比べて値段が高いことなどは、大きなデメリットのひとつです。歯科医院で歯の治療をするときには、よく考えて選びましょう。

インプラント治療は一部保険適応

インプラント治療はチタン製の歯根を歯茎に埋め込む事で人工の歯を固定する技術であり、本来の歯に最も近い感覚が維持できる利点を持っています。しかし、その多くは保険の適応外とされる理由から自己負担額が大きく、経済的な余裕がないと治療を受けられない現状となっています。現在は保険の一部見直しにより、一定の基準を満たす規模の病院でインプラント治療を受ける場合において保険による割引を受けられる仕組みが導入されています。これは該当の症状を治療する際は保険が適応される事を覚えておくと良いでしょう。