インプラントの治療情報

インプラントのメンテナンス

インプラントは治療が終わったらすべて終わりというわけではありません。メンテナンスが大切です。普通の歯のように虫歯になることはありませんが、歯周病になる可能性はあります。ブラッシングがうまくいかないと、歯周病菌が付着します。放置していると、徐々に中に侵入していき、歯肉の中で歯周病菌を増殖させてしまいます。これがさらに進行していくと、顎の骨を侵食し、最終的にはせっかくつくったインプラントもダメになってしまいます。そうならないためにも、丁寧なブラッシングと歯科医院で定期的に歯石を除去することが大切です。

多く失った歯の場合インプラント

インプラントは人工歯根を歯茎の骨に埋め込む事で本物の歯と同等の役目を持つほどの効果が期待でき、半永久的に持続します。しかし自由診療な為、1本でも30万円前後の費用がかかります。多くの歯が抜けてしまった場合にはオールオンフォーと呼ばれる、必要最低限の4本のインプラントを埋め込む事によって日常生活に必要な12本程度の上または下の歯を支える事が可能です。オールオンフォーを利用すれば患者自体の手術に対する負担を減らす他、費用面でも抑える事が出来ます。手術その日に仮歯をする為に軽い食事が出来、会話にも困りません。