インプラントの治療情報

インプラントの基本的な構造

インプラントとは歯茎に埋め込む部分を指すのですが、これはねじのような形をしています。ねじを回して埋め込むといった状況とほぼ同じです。そして、その上にアバットメントが設置されます。これもねじのような形で固定されます。そして、その上に義歯が設置されるのです。基本的にはこのような3層構造になっています。義歯を変えるといったことはできるくらい、上の部分についてはそれほど重要ではないともいえるでしょう。インプラントの最初に埋め込む部分がもっとも大変な部分で、この部分の手術に時間がかかります。

インプラントという歯科治療とは

インプラントは歯科医院で行う歯科治療の中では非常に高い技術を必要とする治療であり、どこでもその施術を受けることが出来るというものではありません。基本的に健康保険の適用を受けて治療することが出来ませんのでおよそ15~30万円程度の自己負担が必要になる治療として知られています。このインプラント治療では骨にボルトを打ち込み、それを支柱として歯を再建するという治療であり、入れ歯とは根本的に異なる方法で自分の歯で噛む感覚を取り戻すことが出来ます。この様に優れた治療法として普及し始めている歯科治療の一種です。