インプラントの治療情報

インプラントで自分の歯のように

歯を失ってしまった方にとって、失われた歯の機能を回復する方法の一つにインプラントという治療法があります。インプラントとは人工の歯根のことで、この人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上に天然の歯のような人工の歯をかぶせます。入れ歯やブリッジと違って骨にしっかり結びつくので、安定感があってしっかり噛めるというのが最大のメリットです。またその他にも、見た目が美しい、骨が痩せないので歯並びが保てるといったメリットもあります。歯を失ってお悩みの方は一度この方法を検討して、もう一度ご自分の歯を手に入れてみませんか。

インプラントの構造体について

インプラント治療では3つの構造体を利用して治療を行うケースが多く有ります。3つの構造体と言うのは、フィクスチャー、アバットメント、そして人工歯の3つになります。インプラント治療には、これら3つの構造体を1度で手術する1回法と、最初にフィクスチャーだけを埋め込んで、後からアバットメントを装着してから人工歯を取り付けると言う2回法の2つの方法が有ります。尚、フィクスチャーと言うのはチタンと言う金属で作られているものなのですが、チタンは骨との親和性が高く、骨と結合すると言う性質を持っています。