インプラントの治療情報

インプラントは経過観察が大切

インプラントはまず手術を行えるかどうかの検査をして、可能であれば手術をします。その後骨につくまで数カ月の期間待ちますが、この間も経過をみるために通院が必要です。化膿していないか、感染していないか、などの様子をみることはとても大切なのです。そして、インプラントの上に人工の歯が装着されて、いったんおしまいとなってからも、経過をみるのです。かみ合わせのチェックやクリーニングをすることによって、長持ちするようにできるのです。ですから、装着して調子がいいからと歯科医院に行かなくならないようにしなければなりません。

治療経過の確認の重要性

インプラント治療というのは、顎の骨に骨との親和性の高いチタンで出来た人工の歯を挿入する手術の事で、自然の歯と同じ機能を蘇らせることが出来る治療方法です。自然の歯は一度抜いてしまうと二度と生えてくることはありませんが、インプラント治療を行う事で、自然に生えている歯と同じ様に、硬い物を噛み砕く事が出来るようになるのです。しかし、治療を行う事で終わりと言う事では有りません。これは治療経過を確認する意味においても、歯科での定期的な検診を要します。そのため、自然の歯と同様に、定期的に検診を受けたり、日頃のケアーがとても大切なのです。